読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後書き 脚本3・9

後書き

S61・8・30 執筆完了

H18・11・31 Web掲載

 

 終戦間近の昭和二十年、九州でのお話。山ん中に墜ちた米軍偵察機。一人、生き延びたアメリカ兵が最初に出会ったのは、十才と十二才の子供兄弟です。学校の先生に鬼畜米英と教っていた彼らは、その目で何も違わない人間であることを確認します。そして米兵の差し出したチョコレートがこの言葉の通じない、身の丈が倍ほども違う人間を結びつけます。話のわかる祖父、ごろじいの力添えもあり、けがを直した米兵は兄弟とすっかり仲よくなります。そうしているうちに兄弟は米兵を故郷へ帰してやろうと思いつきます。近所の遊び仲間を引き入れ、隣町の飛行場までの冒険が始まります。そして終戦。

 不時着した飛行機を飛ばす実話は2013年に「飛べダコタ」に先を越されました。戦争を知る世代もこの30年で随分亡くなりました。

戦争を全く体験していない僕のようなものが書くべきものではないのでしょうが1982年に「E・T」を見て、これは反戦映画だなと思ったのがきっかけで、以来、昭和一ケタ、二ケタの人の話を聞きあさってなんとかつじつまを合わせました。

 したがって前半は全く「E・T」の翻案でして、後半は「隠し砦の三悪人」と思っていただければよいと思います。「スプラッシュ」のような「E・T」のリメイクが許されるのだから、この盗作をスピルバーグは許してくれると思います。スピルバーグ自身「E・T」は反戦映画だと語っています。スピルバーグはいまだにこの言葉が通じない、背格好、年齢の全く異なる二人の間に友情が成立するというテーマをBFGなどでおっています。情況設定は大江健三郎の「飼育」に酷似していますが、大江さんは僕の高校の先輩にあたる人でもあり大学の先輩でもあるから、大目に見ていただけるのではないかと甘い期待を抱いております。

 蛇足ながら高校(旧制中学)の先輩には、伊藤大輔伊丹万作佐伯清山本薩夫伊丹十三、大友柳太郎、早坂暁、の諸氏がおられます。この人達のあとに少しでも続こうと思っていた者でもあります。

 残りの人生でお金を工面してこの脚本を、と思っていたら、MSA(多系統萎縮症)という不治の病に冒されてしまいました。間もなく私はこの世から消えてなくなります。脚本を手直しして、絵コンテを書いて、とおもっていたのですがどうやらその時間はなさそうです。著作権を完全に放棄しますのでどなたかこの反戦映画を世に出していただけないかと思い、ここに掲載する次第です。

〈登場人物〉

泰助(10)正雄の弟

正雄(12)

浪子【なみこ】(32)泰助、正雄の母

ごろじい(70)浪子の亡夫の父

徹【てつ】(10)

孝【たかし】(10)

二郎(10)

徹の母(35)

徹の祖母(65)

孝の母(42)

今井中尉(28)

中隊長(45)

伍長(40)

兵隊一(40)

兵隊二(45)

軍曹(35)

兵隊三(30)

兵隊四(30)

整備兵(55)

隣組の組長(55)

村役【むらやく】(65)

村役夫人(60)

良介(10)徹のいとこ

俊夫(8)良介の弟

機関士

車夫

村と町の人たち

兵隊たち

ベン(30)墜ちたアメリカ通信兵

 

131 村役の家の前

ジープ到着。まず仔犬のベンが飛び出していく。制する大人達を振り切って子供達が飛び出して行く。

ジープから降りる大男、ベン。肩にサンタクロースのように袋をかついでいる。再会。回りで不思議そうに見ている大人達、米兵達をよそに喜び、はねまわる子供達。ベンが袋をさかさまにすると……ドサッと出てくるチョコレート。

(終)

130 山のふもと

女、子供が心配そうに集っている。下の様子をうかがっている浪子。

129 村役の家の前

集っているのは大人の男だけ。そこへ泰助らが走ってくる。良介、俊夫も入れて合わせて七人。ごろじいもやってくる。

村役「こらこら、女子供は何されるか分からんけぃ、山におらんか」

泰助「平気、平気。なんともないなあ、ベン」

といって抱いている仔犬に話しかける。

128 タイトル終って村へ続く一本道

進駐軍のジープが五台ほど土煙を上げて行く。

127 エンドタイトル

重ねて、実写のフィルムで原爆から終戦、そして進駐軍上陸まで見せます。

126 滑走路

ベン、子供達に向って大声で、

ベン「Thank you !」

子供達、行け、行けと手を振りながら、

正雄、泰助「オーケー、オーケー!」

と叫ぶ。動き始める機体。

追いかけて走る子供達。そして兵隊達。

中隊長「撃つな!飛行機を出せ!急げ!」

と叫ぶ。兵隊の一部、それで他の飛行機へと走る。飛び上がって乗ろうとしておどろく。ガラクタのつまった操縦席。

追いかける兵隊、子供達を尻目にぐんぐん加速する九番機、滑走路があとほんの少しになったとき、すうー、と浮かび上がる。飛び上がって喜ぶ子供達。

朝日に向って飛び上がるとゆっくり弧を描いて反転し上昇していく機体。青みをおびてきた空に消えていく。