7 山の頂

息も絶えだえに登ってくる二人。夕日が顔に当たり汗が赤く光っている。二人とも一言も言わずに一点を見つめて、はぁはぁやっている。

広告を非表示にする