14 森のはずれ

泰助がぴょこんぴょこん跳ねながらやってくる。少し見晴らしのいい所に来たとたん身を伏せて、下をのぞく。