読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17 森の中、昨日の焚き火のあと

泰助、木の枝や、草を抱えてきて、焚き火の跡を覆っていく。だいたい覆い尽したとき、はっと人の気配に気付く。少し登ったところに兵隊が一人立っている。降りてきながら、

兵隊「何しとる?、坊主」

泰助「(兵隊が近づくのを待って)虫取りの用意や、おじさん、(草を盛ったところを足で踏みながら)こうしとくと、下にいろんな虫が集まるんや」

兵隊、うさんくさそうに草に手を伸ばす。

兵隊「虫て、なんじゃ」

泰助「ミミズがいっぱい。バッタもな。たまにヘビが入る」

兵隊、いやな顔をして手を引っ込める。

泰助「おじさん、ヘビきらいかい。ヘビの刺し身て、うまいんやで」

兵隊、ますます気味悪そうな顔付きになる。

兵隊「あぁ坊主、ここらで怪しい奴、見かけなんだか」

泰助「なんや、怪しい奴て、どろぼうか」

兵隊「敵兵じゃ。昨日、高射砲で打ち落とした敵機がこの先の山に落ちたから、生き残りがここらをうろついとるかもしれんでの」

泰助「へえ。そんで見つけたらどうするの」

兵隊「抵抗すれば撃ち殺すか、生け捕りにできたらしめ上げていろいろ聞くんじゃ。まあ、生きとりゃ、そう安々とは掴まるまい。坊主も気をつけィよ。早う、家へ帰れ」

泰助「大丈夫、大丈夫。熊とやて仲良しにすることにしとんや」

と言いながら、兵隊の足元に銀紙が落ちているのを見つけ、手でふたをするように飛びつく。

兵隊「なんじゃ?」

泰助「おしいなぁ。トカゲや、大きい奴やったのに逃がしてしもた。蒸し焼きにしたら旨【うま】いのになぁ」

兵隊、つき合いきれんという表情で、

兵隊「早う帰れ」

と言いながら背を向けて山の奥の方へ入って行く。銀紙を握りしめて、じっと見送る泰助。(WIPE)