読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

19 (F・I)兄弟の家

外は強い雨。正雄と泰助が土間に筵【むしろ】を敷いて、その上に座り込んで草鞋【わらじ】を編んでいる。そこへ勝手仕事をしている母親が漬け物樽を抱えてやってくる。

浪子「どうしたん。そんなに大【おお】きに編んで」

兄弟、ちらっと目で合図。

泰助「これはなぁ……」

浪子「父ちゃんも足、大きかったけど、そんなに[ばか]みたいに大きくなかった。」

正雄「(身を乗り出して)どれくらい、大きかったん?」

浪子「そうやなぁ、十三文ぐらいやったかな、もう忘れてしもたけど」

泰助が手をいっぱいに広げて草鞋の大きさを計っている。

泰助「十三文……十三文か……」

そのとき勝手口のところから声。

ごろじい「こんばんは、皆、おるかな」

泰助「あっ、ごろじいや」

と勝手口へ飛んで行く。

ごろじい「ちょっと戸を開けてくれんかのぉ、手がふさがって……」

ガラガラと戸を開ける泰助。ごろじいの右手には傘、左手にびしょ濡れの仔犬が抱かれている。泰助に仔犬を渡しながら、

ごろじい「こいつを洗おてやってくれんか」

浪子「どうしたん、じい。こんなよう降る晩に」

ごろじい「いや、あんまり降るんで、堰【せき】の具合が心配になってな。そしたら[あぜ]の[かや]の中でこいつを見つけてしもうたんじゃ」

浪子「まぁ、入っておくれなさい。手拭でも持ってくるけん」

ごろじい「それより、なんぞ、[おもゆ]、みたいなもん作ってくれんかな。こいつえろう腹をすかしとるみたいやで」(F・O)