27 畑

めずらしく兄弟が働いている。雑草を二人で抜いていく。浪子は鍬【くわ】を使っている。

ごろじいが桶を運んでやってくる。

正雄「ごろじいねぇ、アメリカ語知らんの」

ごろじい「さぁてのぉ、昔はちぃとはわかりよったんじゃが……」

正雄「三、九、て知らん」

ごろじい「三、九、?……おぉ三、九、な。そりやぁ、確か、ありがとう、じゃ」

正雄「(泰助の方を見て)やっぱりな。……なぁ、じい、そう言われたときはどう返事すりゃええの?……ありがとう、言われて黙っとく訳にはいかんやろ」

ごろじい「はての……(桶に大根を入れながら)ん……そうじゃ、そういうときはのぉ、オーケーと言うとぉき」

泰助「まじめに教えてよぉ」

ごろじい「冗談じゃぁないんじゃ。桶じゃないぞ。オーケイというんじゃ」

正雄「ほんとう?」

ごろじい「じいはこれでも昔……」

広告を非表示にする