読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

33 墜落現場

三人でリュックをかかえて遠出をしてきている。あたり一面黒こげ。ベン、操縦席らしきものを見つけ、焼け焦げた布をさぐって認識票を見つける。ぎゅっと握りしめる大きな手。正雄と泰助、少し離れて見ている。