35 兄弟の家

真夜中。並んだふとんでねている二人の目が明いている。じっと柱時計を見ている泰助。振子が左へ行くたびに白く光る。正雄は腕まくらをして真っ直ぐ上を見ている。

正雄「帰りたいやろな」

泰助「え」

と正雄の方へ寝返り。

正雄「ひとりぼっちだ」

泰助「ん……」

正雄「おいてけぼり食ってんだもんな。おれなんか、となりの町でも泣いちゃったもんなぁ」

沈黙。土間で仔犬がくーんと啼く。

正雄「あいつもひとりぼっち」

泰助「僕らがおるやない……せっかく……」

正雄「(さえぎって)泰【たい】も、ひとりぼっちになって見ィ、母ぁちゃーん、てなるわい」

泰助「そかな」

となりの部屋の浪子も目が明いている。

泰助「じゃあ帰してやろう」

正雄「どうやる?」

泰助「飛行機で来たんやから、飛行機や」

正雄「燃えちゃったもんどうすらい」

泰助「町へ行けば飛行場があるもん」

正雄「あほう。日本の飛行機なんかで飛んでいったら、すぐ撃ち落とされるわい」

沈黙。ボーンと一つ、柱時計が鳴る。

正雄「まてよ、ベンは無電を持っとるからやな……うん、いけるやろ。なんとかだまくらかして飛行機をかっぱらやぁ……」

泰助「ほんと?ほんとやな」

と身を乗り出す。

正雄「うん、たいがい、うまいこといく。あとはベン次第……いや、その前に町まで見つからんように行く策を立てんと」

泰助「それなら、まかしといて」

と逆の方へ寝返る。

浪子さん、とっても心配です。(F・O)

広告を非表示にする