読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

36 (F・I)兄弟の家、玄関

勢いよく飛び出してくる二人。

道まで出て、

泰助「昼過ぎまでに、話つける」

正雄「急ぐこたぁないぞ。大人に聞かれんな」

泰助「大丈夫、大丈夫」

と言って駆けていく。少しの間見送った正雄が逆向きに歩き出そうとすると、家の中から、

浪子「正【まさ】ちゃん、正ちゃん」

と声がして浪子が仔犬を抱いて出てくる。

浪子「今日はどこへ行くん?」

正雄「どして?いっつもそんなこと聞かんのに」

浪子「そりゃぁそうやけど……あぁそうじゃこの犬も連れてっておやり。母ちゃんも畑に出なぁいかんけん、ほっといたらかわいそうやろ」

と正雄に仔犬を渡して、あたりを見回して、

浪子「泰【たい】ちゃんは?」

正雄「徹【てっ】ちゃんら、さそいにいった。

浪子「何するんか知らんけど、町の方へは行かれんよ」

正雄「どして町なんか行くん?僕、また泣きべそ掻くやない」

浪子「そうか。それならええんやけど、早うお戻り。雨になるよ」

正雄「うん。ほら、」

と仔犬を放す。元気に駆け出す仔犬。それを追って正雄もスキップをして走り出す。(WIPE)