48 くぼ地

正雄とベンを取り巻いている四人。正雄が仔犬を抱いている。

正雄「こいつが飛び出していくもんやから二人で追っかけたんや。危のうかった」

徹と二郎と孝、ベンをまじまじと見ている。ベンが笑いかけたのに応えて、徹、右手を挙げ、孝、微笑み、二郎、無理に笑おうとして口がゆがむ。

徹「泰ちゃん、ひょっとして、板菓子、あの箱ん中か?」

泰助「うん」

孝「それより、無電の機械が入っとんのやろ」

泰助「うん」

徹「そんな、似ても焼いても食えんもんより、あの菓子や」

孝「取り返すんなら急がんと」

泰助、みんなを見渡して、

泰助「兄ちゃんは、ベンと、居【お】って」

と手拭いで頬被り、棒切れを持って、

泰助「ほな、いくでェ」

徹と孝も頬被り。二郎、逃げ腰で、

二郎「おら、知らんけん!」

と言って逃げ出そうとする。孝、腕を掴んで引き止めて、

孝「二郎【じろ】ちゃんは、箱を持って逃げるだけや」

(WIPE)

広告を非表示にする