52 山の頂

二郎、箱を置いてはぁはぁやっている。はっと振り返るとそこには伍長が立っている。二郎、じりじり後ずさり。後がなくなったとき、伍長の後ろにしのび寄ったベンの一撃。伍長、がっくり膝を折って倒れる。二郎、腰が抜けて、その場に座り込む。(F・O)

広告を非表示にする