読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

54 (D・I)飛行場の司令室

壁にはられている地図。九州を中心に、沖縄、フィリピンと続く。やはり線がたくさん引かれている。

部屋の真ん中の椅子に座って地図をぼんやり見ているのがここでは一番偉い中隊長。人の足音がして整備兵がやってくる。

整備兵「(敬礼して)報告します。九番機、長距離偵察用に改造、完了しました」

中隊長、窓から倉庫(九番機が入っている)を見て

中隊長「うん、ご苦労。どのくらい飛べる?」

整備兵「増槽装備により、天候状態にもよりますが、通常航続距離の三倍は飛行可能であります」

中隊長「今井中尉に知らせたか?」

整備兵「只今より報告に参ります」

中隊長「いや、わしから言おう。……さがってよし」

整備兵、敬礼して出て行く。中隊長が、再び倉庫の方に目をやると、倉庫の方に向ってゆっくり歩いていく男がいる。これが今井中尉。