60 一本道

二人、トラックから十メートルぐらいのところまでくると急にぶらぶら歩き出す。轍【わだち】を泥水が川のように流れている。二人、様子をうかがいながら近づく。エンジンのうなる音。タイヤがすべる音。泥水が飛び散る。

徹「手伝おか、兵隊さん」

とエンジン音に負けずに叫ぶ。

やっと二人に気付いた兵隊、思わず力を抜く。トラックはぬかるみへ逆もどり。ブルッ、ブルッとうなってエンジンが止まる。雨の音だけ残る。

兵隊三「なんじゃて?」

徹「手伝おか」

兵隊四「無理や無理。けがするけぃ、のいときや」

座席の軍曹が顔を出す。

軍曹「おー、そこの二人、すまんが押してくれや」

兵隊四「しかし軍曹どの、小学生じゃあ……」

軍曹「かまわん、かまわん、あと少しじゃ」

徹と泰助、兵隊四に向って大いばりで腕まくりをして後押しに入る。(WIPE)

広告を非表示にする