読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

68 村――四つ辻

ばったり出会う伍長一行と軍曹。

伍長「(びっくりしてあわてて敬礼をして)どうされました、軍曹殿。供出米を運んでいかれたのでは……」

軍曹「いや……車が故障じゃ。伍長こそどうした。アメリカ兵生き残りの噂の真偽はつかめたか」

伍長「はあ、それが、……」

軍曹「それより馬はどうした。連れて帰るように言うたはずじゃが」

伍長「はあ、それが、……あんまり降るもんで、寺に預けております」

軍曹「寺だと?神社だろう」

伍長「はあ?」

軍曹「その寺はどっちの方じゃ」

伍長「(回れ右をして)あちらの方であります」

軍曹「でたらめを言うな。それはこっちじゃろう」

と指をさした方から馬をひいた兵隊二人がやってくる。頭を掻く伍長。うしろで小さくなっている兵隊一と兵隊二。

伍長「まぁここでは何ですからどこぞの家で休まれては……」

とあたりを見渡す。もう夕方。ひとっこ一人見えない。