71 良介の家

なおも話し続ける孝。

孝「な、こういうのを敵【かたき】というんよ。な、それで、父ちゃんとられたとこまでは一緒や。でもな……そこに居るアメリカ兵がじかに殺【や】ったんとは違うやろ。それどこか、いやいや戦争にとられとんや。な、わかる?」

徹「わかったか?そこに居るアメリカさんは何【なん】も悪いことしとらん。それどこか、こんなうまいもんくれるんやで」

と箱の中からチョコレートを一枚出して半分にして二人に渡す。俊夫は、握り飯を止めてさっそく舐め始める。良介は手に持ってじっと考えている。

徹「ええな。飛行機のあるとこまで、裏道で行くんや。も少し暗うなったら行くで」

まだ考えている良介。それを見上げながらチョコレートを舐める俊夫。

広告を非表示にする