読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

74 町――大通り

夕やけが赤く沈みかけている。

突然鳴りわたる空襲警報。

急いで防空壕へ入る人々。

泰助たちは荷車を引いてうろうろしている。

婦人一「あんたら、何しよんぞな。早よう、早よう」

と共同壕の方へ呼んでいる。

遠くから聞えてくる飛行機の爆音。

泰助と徹が先導して、荷車を細い路地に引き込む。

泰助「早よう、あのおばさんのとこや!」

みんなが駆け出す。泰助、筵【むしろ】をとって、ベンにじっとしてろ仕種【しぐさ】で示して、共同壕へ行こうとする。

ベン「タイスケ!」

と呼び止めると、胸ポケットから紙きれとペンを取り出して、さらさらの何か書きつける。その紙きれを受け取った泰助、どちらから見るのか分からずくるくる回す。山と海と夕日の絵と大きな矢印。

夕やけが赤く沈みかけている。

突然鳴りわたる空襲警報。

急いで防空壕へ入る人々。

泰助たちは荷車を引いてうろうろしている。

婦人一「あんたら、何しよんぞな。早よう、早よう」

と共同壕の方へ呼んでいる。

遠くから聞えてくる飛行機の爆音。

泰助と徹が先導して、荷車を細い路地に引き込む。

泰助「早よう、あのおばさんのとこや!」

みんなが駆け出す。泰助、筵【むしろ】をとって、ベンにじっとしてろ仕種【しぐさ】で示して、共同壕へ行こうとする。

ベン「タイスケ!」

と呼び止めると、胸ポケットから紙きれとペンを取り出して、さらさらの何か書きつける。その紙きれを受け取った泰助、どちらから見るのか分からずくるくる回す。山と海と夕日の絵と大きな矢印。