読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

83 村――池のはた

脚本3・9

村の人達、ところどころ赤く燃えている町の方を見下ろしている。心配そうな浪子さんもいる。夕日が落ち切って水平線だけ