読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90 (F・I)海岸

たき火を囲んで八人。良介の隣りに座っている徹が

徹「どして良ちゃん、壕へこなんだん?」

良介、うつむく。

徹「俊ちゃん、どして?」

俊夫、助けを請うように良介を見る。

徹「何【なん】ぞ悪さしよう思うとったんやろ?」

ますますうつむく良介。その頭を指でこづいて、

徹「訳、言うてみぃ」

とさらに追求しようとした徹の口に、横からベンの手が伸びて、チョコレートが差し込まれる。ベン、ひとさし指を口の前で立てて、目で徹を諫める。

泰助、その様子を見ていたが、立ち上がると、

泰助「あの夕焼けや、明日【あした】は絶対晴れるで」

正雄「動くなら暗いうちや。闇夜の烏【からす】や」

と続いて立つ。ベン、徹、孝、二郎、立ち上がって尻の砂をはらう。まだうつむいて座っている良介と俊夫を徹が引き起こす。

砂をかけられて消えるたき火。(F・O)