読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100 兵舎――壮行会の席

盃の酒をぐーっと飲み干す中尉。盃を置いて立ち上がると中隊長に向って

中尉「では失礼します」

と軽く敬礼。

中隊長「うん。しっかり寝とくことだ。一応〇六〇〇離陸にしておこう」

中尉「はっ」

と出て行く。見送って、中隊長の隣に腰かけている組長、

組長「じゃあ、そろそろ私も……」

中隊長「まだよかろう。こんなことでもなけりゃあ酒も飲めまい」

組長「いや、舟で帰らないかんもんで……」

中隊長「舟?どしてまた舟なんかで?」

組長「ありゃご存じなかったですかい。橋はすっ飛ばされましたとです」

部屋にいた兵隊達、急に話をやめる。

中隊長「橋がや?のうなったてや?」

兵隊「どうりで村の方へ行った連中が戻らんはずじゃ」