読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

102 中尉の部屋

脚本3・9

ベッドにじっと腰かけている中尉。月明かりで顔の半分だけ浮き上がっている。不意に立ち上がると、とある引き出しをあけて何か取り出す。月光に鈍く光る鋏。