読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

110 飛行場――門の前の小屋のかげ

正雄とベン、そして良介と俊夫が休んでいる。二郎の膝で仔犬が寝ている。そこへ徹と泰助と孝が身を低くして戻ってくる。

泰助「だめや、兄ちゃん、見張りが回りを取り囲んどる」

良介「おかしいなあ、普段は誰もおらんのに」

孝「何【なん】ぞ気付いたんかも知れん。こまったなあ」

正雄「まあ、あせっても仕様がないけ。これでも食うて様子を見よや……あとちょうど一枚ずつや、ほい、ほい……」

と一枚ずつチョコレートを配る。いろいろな食べ方をされるチョコレート。食べながらも子供達、飛行場の方から目を離さない。

子供達、さっと小屋のかげに入る。門のところに人影二つ。