113 門のところ

良介「……あの騒ぎで逃げられたけど、河原に隠れとんを見張っとんや、早よう早よう」

組長と中隊長、うなずき合って行こうとする。

良介「二人か?おいさんら?二人じゃ危ないよう。暴れ出したら手がつけられん」

中隊長「おい、そこの、おまえ!」

と近くの歩哨を呼ぶ。

良介「三人でも危ないよう、生け捕りにしたいんやろ」

広告を非表示にする