123 河原に向う道

軍曹が中隊長に報告している。

中隊長「敵兵と子供がぐるじゃと!」

軍曹「はい、間違いありません。トラックの乗り捨ててあったところから見て、町に来とるのも確実であります」

中隊長あたりを見回す。すでに雲隠れしている良介。

中隊長「あのガキもそしたらぐるじゃ。いかん、飛行場がやられる。軍曹、早く出せ!」

とトラックに飛び乗る。兵隊達も荷台に飛び乗る。組長を残して、トラック発車。

広告を非表示にする