読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

124 飛行場

エンジン音を開いて、中尉と整備兵が出てくる。櫓の歩哨も急いで降りてくる。倉庫から出てくる九番機、子供達と仔犬があとを追う。朝日がさしてくる。左の翼には拙【つたな】いけれどもそれと分かる星条旗。右の翼にはスーパーマンのSの字。そして尾翼の39。滑走路の端へと向う。何が起っているのか理解できずに立ち尽くす中尉。整備兵と歩哨の二人が九番機へと走る。