129 村役の家の前

集っているのは大人の男だけ。そこへ泰助らが走ってくる。良介、俊夫も入れて合わせて七人。ごろじいもやってくる。

村役「こらこら、女子供は何されるか分からんけぃ、山におらんか」

泰助「平気、平気。なんともないなあ、ベン」

といって抱いている仔犬に話しかける。

広告を非表示にする